愛犬健康.com

犬の肛門腺絞りによる病気予防

グルーミングは、病気の予防をし、少しでも長くいられる時間を増やすための方法です。そのため、グルーミングを怠ると、なんらかの病気を発症し、最悪の場合、命にかかわる可能性もあります。

今回はそのグルーミングの一つである「肛門腺絞り」についてお話しします。

なぜ「肛門腺絞り」が必要なのか

犬の肛門の左右には、肛門嚢(こうもんのう)という袋があります。この内部には分泌物が溜まっていて、排便時に少しずつ排出される犬や、あまり溜まらない犬もいます。しかし、溜まった分泌液を定期的に絞り出さないと、肛門腺が炎症を起こしたり、肛門嚢が破裂してしまうケースがあります。

肛門腺絞りの頻度

肛門腺絞りの頻度は、一般的には月に1回程度といわれています。しかし、犬種や健康状態、体重などのさまざまな要因から、肛門腺がたまりやすい犬もいるので、そういった場合は、回数が増えることがあります。

愛犬がお尻を床や地面にこすりつけたり、お尻を気にして、しきりに舐めている時は、肛門腺が溜まっている可能性があるので、絞ってあげましょう。

肛門腺の適切な絞り方

犬の尻尾を片手で持ち上げ、肛門を時計の文字盤に例えると、8時と4時の場所に指を置きます。そして、上方にギュッと詰まったものを押し出すようなイメージで絞ります。そうすると、悪臭のする分泌物が出てきます。あまり強くやりすぎると、痛がるので、力の加減をしてあげながら行いましょう。分泌物を出し終わったら、肛門腺を洗い流したり、ガーゼなどできれにふき取ってあげましょう。

ごくまれに、肛門腺が固くなってしまい、分泌物が出ない可能性があり、それを無理に出そうとすると、肛門嚢が炎症を起こしてしまうので、その場合は獣医師に相談してください。

絞っているときに、分泌物かかってしまう可能性があるので、シャンプーの際に行うことをおすすめします。

愛犬のために頑張りましょう

肛門腺の絞り方を説明しましたが、愛犬だかといって、なかなか実践しにくいものです。しかし、愛犬が元気でいられるようにも、飼い主の方は頑張って、行ってあげましょう。どうしてもできない場合は、放っておくのではなく、月に1回、獣医師にお願いしましょう。