愛犬健康.com

犬の耳のTタッチで病気予防

人間と同様で犬の生活には、病気を発症する可能性があります。そのため、病気の予防が大切です。その予防策には、さまざまな方法があります。

今回はその病気の予防の一つである「耳のTタッチ」についてお話しします。

Tタッチとは

マッサージにはさまざまな方法があり、さまざまな効果があります。通常のマッサージは筋肉に直接働きかけますが、Tタッチは神経に働きかけるものです。

痛みの緩和や自己治癒力の向上のためにも効果的ですが、犬の神経を鎮める心身バランスを整えるため、健康維持にも役立ちます。

触り方のバリエーションには、円を描くタッチ、線を描くタッチ、皮膚を持ち上げるリフトなどがありますが、どれも飼い主の方でも簡単にできます。

Tタッチのポイント

Tタッチするときの力加減が重要です。マッサージよりも、やさしい力で行います。手のひらを眼球に当て、眼球に嫌な感じがしない程度の力で犬の皮膚を動かします。

もう一つ重要なことがあります。Tタッチを行う人がリラックスした状態で行うことです。犬は、触られている方の感情を皮膚で感じとれるといわれています。もし、緊張状態や不機嫌のときに行うと、逆効果になる可能性もあります。

耳のTタッチ

耳にはさまざまなツボがあるので、Tタッチをすることで健康維持に役立ちます。ほんの少しの時間でもいいので、毎日継続して行うのが効果的です。ただ、飼い主の方が、しょうがないなどの義務感を持ってはじめてしまうと、その気持ちが犬に伝わるので、行う際は時間に余裕があり、リラックスした状態で、愛情を持って行ってください。

耳の付け根を回す

犬の耳の付け根をそっと握り、耳の付け根から頭部全体の皮膚を動かすようなイメージで。軽く回します。そのまま続けて「スライド」を行っていくと効果的です。

スライドして行う

耳の根元から先端に向かって、耳全体を指でやさいく滑らせます。まず、耳の内側に指を添えて、外側の指を耳全体がスライドされるように、少しずつ手をスライドしていきましょう。バラのはなびらを扱うようなやさしい力で行うのがコツです。耳の先端までスライドした指は、耳の続きがあるかのようにスーっと空中に抜けて行くような余韻を持たせるのもポイントです。

飼い主の方でも簡単にできる

Tタッチは、飼い主の方でも簡単にできます。Tタッチ効果により、病気をしなくなった、身体が強くなったなどの症例があります。なので、ぜひ実践して行ってほしい予防策です。

また、Tタッチは予防効果だけでなく、飼い主の方と愛犬の絆を深める要素もあります。愛犬との距離を感じる飼い主の方にはおすすめのマッサージです。