愛犬健康.com

犬の尻尾のTタッチで病気予防

犬はさまざまな病気を発症する可能性がある動物です。なので、病気の予防が大切です。その中には、飼い主の方ができる予防策もあります。

今回はその病気の予防の一つである「尻尾のTタッチ」についてお話しします。

Tタッチとは

Tタッチとは通常のマッサージとは違い、神経に刺激を与えるマッサージです。

ふだん刺激を受けないような神経が、Tタッチによって刺激され、神経を鎮めて心身のバランスを整えます。そのため、痛みの緩和や自己治癒力、つまり健康維持の効果が出るといわれています。また、飼い主の方とのスキンシップにより、飼い主の方と愛犬の絆を深める効果もあります。

り方はさまざまな種類の方法がありますが、どれも飼い主の方が簡単に行えます。

Tタッチのポイント

Tタッチのポイントは二つあります。まず一つ目は、マッサージを行う際の力加減です。Tタッチは、通常のマッサージとは違うため、力加減を間違えてしまうと、ただ強くなでているだけで、逆効果になります。なので、力加減は皮膚に手を添えて、皮膚の表面だけをやさしく動かすような感覚で行ってください。

二つ目は、Tタッチを行う人のモチベーションです。犬は、触られただけで、その方の感情を感じ取れるといわれています。Tタッチを行う人のモチベーションが低ければ、愛犬もうれしくないし、気持ちよくありません。なのでTタッチを行う方は、必ずリラックスした状態で、愛情を持って行ってください。

尻尾のTタッチ

尻尾のTタッチをすることで、犬が下半身をしっかり使えるようになります。下半身と四肢に対しての意識を持つようになり、地面に四肢をしっかりと踏ん張ってバランスよく立てるようにもなります。

日ごろから、尻尾へのTタッチを続けることで、身体のバランスが悪くなって生じるようなトラブルを予防するのに役立つでしょう。

テールーワーク

テールワークと呼ばれる一連の動きを、行う方もゆったりとした気持ちで行いましょう。

まず、手で尻尾の付け根を軽く握り、ゆっくりとやさしく回します。次に、尻尾を引っ張ります。そして、引っ張った分だけ、尻尾をもとの位置に戻します。ただ引っ張るのではなく、犬に自分の身体の大きさを意識をさせるように、頭から背骨を通って身体全体をつながっているイメージで行うのがポイントです。少しずつ、尻尾の先近くまでワークを行い、尻尾の先端スーッと放して終了です。

無理強いは逆効果

マッサージは、愛犬も行う人もリラックスした状態で行うのが一番効果的です。なので、いくらTタッチがさまざまな効果があるといっても、愛犬が嫌がって行うことは逆効果になるので、止めましょう。時間に余裕があり、お互いがリラックスした状態で行い、絆を深めましょう。