愛犬健康.com

犬の胸のTタッチで病気予防

動物は、なんらかの病気を発症する可能性が生き物です。しかし、それらを予防をすることができ、その予防はさまざまな方法があります。

今回はその予防の一つである「胸へのTタッチ」についてお話しします。

Tタッチとは

マッサージにはさまざまな効果があります。そのマッサージの種類の一つに「Tタッチ」があります。通常のマッサージは筋肉に刺激を与えますが、Tタッチは神経に刺激を与えます。

その刺激により、神経が刺激され、心身ともに癒され、自己治癒力や健康維持に効果を得られます。また、飼い主の方と愛犬が触れ合うことで、絆が深まる効果もあります。

Tタッチのポイント

Tタッチのポイントの一つが、「力加減」です。通常のマッサージを少し力を加えますが、Tタッチの場合は、犬の皮膚の上に手を添えて、皮膚の表面をやさしくなでてあげます。犬の皮膚の表面が動く程度の力加減で行うと効果抜群です。

二つ目のポイントが「Tタッチを行う人の気持ち」です。犬は人間の感情に敏感な動物です。まして、触られるとなお、敏感に感じ取ることができます。そのため、行う人が不快な気持ちで行うと逆効果になり、上記にあるような予防や絆に効果はあらわれません。なので、行う人は、リラックスした状態で、愛情を込めて行ってください。

胸へのTタッチ

興奮しそうであったり、興奮気味の犬の気持ちを落ち着けて安定させるタッチです。とくに子犬に、落ち着くという状況を経験をさせるためにも役立ちます。

犬の呼吸を整えることもできるので、興奮による呼吸器トラブルを生じやすい犬にも効果があります。

胸へのTタッチによって犬に自制心が芽生えれば、行動の問題の軽減にもつながるケースもあります。犬のストレスレベルを下げることにもつながります。

コンテインメント

Tタッチ用語では「コンテインメント」と呼ばれ、犬にここにいようというメッセージを送るタッチです。犬を人の前面に座らせ、興奮気味の犬の胸に、両手の4本の指をあてます。犬が重心を前に動かしそうになったり、人のほうに軽く引き寄せるイメージで、4本の指で犬の胸を押さえます。それで犬が落ち着いたら、胸を押さえる力をゆるめます。再び、犬の力が前方へかかりそうになったら、まずは飼い主が落ち着いて、軽く添えた手の力を少し強めます。これを繰り返して、犬の気持ちを落ち着かせましょう。

子犬時代に行うと抑制できようになる

子犬時代から、胸へのTタッチと行っていれば、興奮状態でどうしようもないときに、Tタッチを行うことで、愛犬のメンタルを落ち着かせることができるので、便利なマッサージです。予防にもなり、絆が深まり、行動の抑制もできるので、一石三鳥です。なので、飼い主の方は、子犬時代から習慣にしてあげることを、おすすめします。