愛犬健康.com

犬の顔へのマッサージによる病気予防

犬はさまざまな病気を発症する可能性があるので、予防が大切になります。その予防には、さまざまな方法があり、飼い主の肩でも簡単に行うものもあります。

今回はその病気の予防の一つである「顔のマッサージ」についてお話しします。

マッサージの効果

マッサージは筋肉にダイレクトに働きかけます。そのため、硬くなった筋肉をほぐすことで血液循環が良くなり、ケガや病気の予防に効果があります。ただし、炎症や腫瘍のあるところや筋肉が衰えたところには行えません。

愛犬の年齢関係なく行え、効果も出ます。

マッサージのポイント

まず、マッサージの行う人のモチベーションが大切です。犬は皮膚から人間の感情を読み取ることができると考えられています。なので、モチベーション低く行えば、逆効果になり、愛情を込めて行えば効果抜群です。

また、愛犬の様子を見ながら行いましょう。愛犬が嫌がっているのにもかかわらず行うと、マッサージの効果も得られず、飼い主の方にも嫌悪感を抱くようになります。

マッサージを行う前に、愛犬の身体を手で触り、実際に筋肉が張っている部分を確認します。その部分を力加減を考えて行い、愛犬が気持ち良さそうにしているのを様子見ながら行うことがポイントです。

マッサージのやり方

飼い主の方がやりやすいのは、指の腹で筋肉を圧す方法です。愛犬のほぐす位置や体格によりますが、比較的親指の腹で行うことが望ましいでしょう。

また、毛並みに逆らわずに指をずらしながら行ってください。愛犬の表情などを見ながら、力加減を加えます。

顔のマッサージ

犬が緊張感をためている場合、顔の筋肉がこわばっているものです。顔をマッサージすることで、心身の緊張を開放するのに役立ちます。飼い主も、顔の表情をやわらかくし、少しほほえみながら行うと、ヒーリング効果で愛犬も緊張がほぐれていきます。

顔のマッサージのやり方

ステップ①

目の上の骨の上から、やさしい軽い力でマッサージをしていきます。

ステップ②

クルクルと指の腹で小さな円を描くように圧していきます。

ステップ③

最後は、顔の骨格に沿ってリンパを流すようなイメージで、顎の下へとスーッと指をすべらせていきます。

ステップ④

ステップ①~③を繰り返し行い、愛犬が嫌がるようだったら、すぐに止め、気持ちよさそうに続けてほしそうなら、また繰り返し行ってあげましょう。

顔のマッサージは気をつけて行ってください

犬は、顔を触られるの嫌がる動物です。そのため無理強いで行うと、嫌悪感を抱かれてしまい、最悪の場合、マッサージを行っているのに噛み付かれる可能性もあります。なので、必ず愛犬の様子を見ながら行ってください。