愛犬健康.com

愛犬の熱中症への最適な予防方法

犬は人間と同様に「熱中症」になることがあります。また、犬の場合は、被毛に覆われているため、人間よりも熱中症にかかりやすいといわれています。

今回はその犬の熱中症への予防についてお話しします。

犬は熱中症のリスクが高い

熱中症のリスクが高いのは、高温と同様、風通しの悪い閉鎖的な高温、多湿の環境です。体温が上昇しやすい環境であれば、日陰でも室内でも発症するので注意が必要です。また暑さに身体が慣れていない初夏は、気温が20度台前半でも熱中症になる危険性があります。

犬は、人間と違って全身からの汗をかけないため、口から人間より遅いスピードでしか熱を逃せない上に、被毛に覆われているため、体温が下がりにくいのです。そのため、犬は人間より熱が身体にこもりやすいので、熱中症の発症リスクが高いといえます。

なかでも熱中症にかかりやすい犬種は、パグ、フレンチ・ブルドッグ、シー・ズーなどの短頭種です。また、犬種に関係なく、肥満の犬も脂肪のせいで身体に熱がこもりやすいです。

熱中症への予防

犬の熱中症は飼い主の方でも予防ができます。その予防策を順にそって、説明していきます。

①車に犬を置き去りにしない

熱中症の事例の多くが、自動車の中で留守番をさせられたケースです。窓を閉め切ることはしないと思いますが、窓の上部を少し開けておいても、また木陰に停車しても車内は温度が上がるので危険です。春や秋でも、短時間であっても、犬を車に置き去りにして出かけることは止めましょう。

②悪条件のときは散歩に出ない

熱中症の発症リスクを上げる、高温・多湿の状況下では外出を控えましょう。曇りの日や夜の散歩であっても、湿度が高い日は夏でも安心できません。湿度や気温が高くなくても、アスファルトを飼い主の方が触ってみて熱く感じるようならば、散歩を止めた方が良いでしょう。なぜなら、犬が呼吸をするマズルは、人間よりも地面に近いことをことを考慮する必要があるからです。

③冷却効果のあるグッズを活用

上に乗ると冷却効果のある、アルミ製のマットといった、冷却用ドッググッズを活用するのがおすすめです。なお、一部の保冷剤などに使用されているグリエチレングリコールは、動物が食べると腎臓に中毒を引き起こします。なので、イタズラをされても安全なグッズのみを置いておきましょう。たくさんの水を、留守番中や夜中でも犬が飲めるよう用意しておくことも大切です。

④室内は常に冷房で冷やす

夏期の室内は、湿度を下げるために、扇風機よりもエアコンを使いましょう。愛犬が肥満ではなく、暑さに弱い短頭種などでなければ、室内の温度設定は26~28度が適温です。除湿機能を使わなくても、外気よりも冷房によって湿度は下がります。留守番中や夜間も、直接エアコンの風が当たらないように注意して、冷房をつけておきましょう。

⑤散歩には保冷剤を持参する

夏の散歩には、保冷剤を持って出るのがおすすめです。暑そうにしていたら、保冷剤を足の付け根あたりのそけい部に左右数秒ずつ何度も繰り返し当てて、体温の上昇を防ぎます。保冷剤を入れられる犬用のバンダナなども、市販されているので活用するのと良いでしょう。もちろん、散歩中もこまめな水分補給は大切です。

熱中症にかからないような身体づくりをしましょう

熱中症は肥満が原因で発症することもあり、また身体が弱いと発症率が上がります。なので、飼い主の方は、愛犬を健康体にしてあげましょう。そのためにも、日々、栄養バランスがしっかり取れる食餌を与えましょう。

市販のドッグフードよりも獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには、人工添加物などの余計なものが入っていないため、愛犬の健康体を維持できます。なので、上記のことを考慮して、食餌も見直してみてはどうでしょうか。