愛犬健康.com

簡単にできる愛犬の健康チェック

犬の病気は、早期発見がポイントです。そのため、飼い主の方が、愛犬の身体のチェックが重要となります。

今回は犬の健康チェックの仕方についてお話しします。

病気は早期発見がポイント

犬は、人間と違って痛みを言葉で訴えたり説明したりできないうえ、痛みがあってもなるべく表に出さずに隠そうとする習性があります。そのため、愛犬の日々の健康管理と、病気の早期発見ができるかは、飼い主の方の手にかかっています。

健康チェックで異常が発見されても、早期に獣医師に相談し、なんらかの治療を行えば、病気になる前の状態に改善したり、すでに病気であっても早期発見による早期治療が行えるので、愛犬にも飼い主の方にも、大きな負担がかからくなります。

グルーミングの際に健康チェックを

何もない状態で、健康チェックされるのは犬にとって、あまり良い気持ちではありません。なので、グルーミングのときこそ、愛犬の身体をよく見て、そして触って健康チェックができる絶好のチャンスです。

健康チェックの仕方

健康チェックの方法は、部位によってさまざなです。なので、下の表を参考にしてください。

[table “4” not found /]

定期的に記録する

グルーミングや観察をして、健康チェックをしたら何かに記録をしておきましょう。健康チェックは定期的に行うものなので、飼い主の方が変化に気づかない可能性もあります。そうなると、病気の発見も遅くなり、発症する前の状態の健康体に戻すことが、少しずつ難しくなります。なので、家族で相談して、家族全員が愛犬の健康チャックを記録するようにしましょう。

病気を予防するためにも食餌を考えてあげましょう

病気のほとんどは予防できます。その予防は、犬が健康体であれば、なお予防できる確立が上がります。愛犬を健康体にし予防するためにも、食餌を考えてあげましょう。

もし、人間食をあげている場合は、ドッグフードに変えましょう。人間食には添加物が多く含んでいるため、犬にとって有害です。なかでも、獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめるドッグフードには余計なものが入っていない上に、栄養価が高いため、愛犬の健康体を維持できます。

定期的な健康チェックも重要ですが、愛犬のためにも食餌についても考えてあげましょう。