愛犬健康.com

愛犬の最適な肥満予防(ダイエット)3つのポイント

犬も人間と同様に「生活習慣病」があります。そのため、飼い主の方は愛犬に対する生活習慣病の予防が大切になります。

今回はその生活習慣病の予防の一つである「肥満の予防(ダイエット)」についてお話ししまう。

肥満とは

肥満とは、必要カロリー以上を摂取してしまい、残ったカロリーが蓄積して、脂肪になり、同種よりも体重が多い状態のことをいいます。

その多くの原因が、飼い主の方の過度な食餌やカロリー摂取です。また、犬の運動不足により消費カロリーが少なくなってしまい、肥満になることもあります。

肥満になってしまうと、肥満以外の生活習慣病やなんらかの病気を発症するケースがあります。

肥満の予防の仕方(ダイエット)

肥満の予防の方法はさまざまありますが、飼い主の方が簡単にできる予防策を、順にそって、説明していきます。

①食餌に時間をかけさせる

食餌による満足感や満腹感が高まるのは、食べる愛犬にも与える飼い主の方にとっても、幸せなことです。そのためには、時間をかけさせて食べさせるのが秘訣です。さまざまな種類の早食い防止用フードボールがあるので、愛犬に合ったものを選んで利用すると便利です。

あらかじめ決めておいた1回分の食餌を、一粒一粒、おすわりなどをさせながら、飼い主の方がトレーニングを兼ねて手からドッグフードをあげても良いでしょう。

②食事回数を増やす

1日の摂取カロリーを小分けにして食べさせることで、肥満の予防になります。人間や犬などの動物は、食事をすると代謝が上がり、体脂肪が燃焼されやすくなるからです。1日に同じ量を与える場合でも、食餌の回数を増やせば、1日を通して代謝が高く保てて太りにくい状態に愛犬を導くことができます。

1日2回という飼い主の方が多いようですが、可能であれば1日4~6回に分けて食餌を与えるのがおすすめです。

③トレーニングのご褒美を工夫する

トレーニングの際のご褒美として、愛犬に高カロリーなおやつをあげているかもしれませんが、少し抑えましょう。

おやつにランクをつけて、とくに強化したい課題を成功したときには犬が喜ぶスペシャルなおやつを与えるのは効果的です。ふだんのトレーニングでは、その日に与える予定のドライフードの一部を使ったり、成功しても数回おきにおやつを使ったりすると良いでしょう。

おやつなどを与えなくても、飼い主の方のほめる声やなでることが、犬にとって十分ご褒美になりますで、そういった工夫も取り入れても良いでしょう。

肥満予防(ダイエット)は心を鬼にして頑張りましょう

愛犬がおいしそうに食餌やおやつを食べる姿は、飼い主の方にとっても、幸せなことです。しかし、食べている姿が愛らしくても心を鬼にして、肥満予防(ダイエット)をしましょう。肥満予防の大切な点は、飼い主の方の努力です。なので、愛犬のことを想い、頑張りましょう

肥満にならない栄養バランスを考えましょう

肥満は過度なカロリー摂取が原因です。つまり、人間食を与えている方は、愛犬が肥満になりやすいといえます。なので、人間食ではなく、ドッグフードに変えましょう。その中でも、市販よりも獣医師がすすめるドッグフードがおすすめです。獣医師がすすめているドッグフードには、低カロリーな上に、添加物などの余計なものが入っていないので、愛犬の健康体を維持できます。

愛犬の肥満に悩んでいる方や肥満予防を考えている方は、上記のことを考慮しつつ、食餌を見直してあげましょう。