愛犬健康.com

【あなたの子は大丈夫?】愛犬の理想体形・体重について

犬の健康体を維持するには、理想体形・体重が望ましいでしょう。しかし、犬は被毛に覆われているため、その判断が難しくもあります。

今回はその犬の理想体形・体重の方法についてお話しします。

間違った食餌量

太りすぎや痩せすぎの原因は、飼い主の方の食餌量が適正でないことが考えられます。

ドッグフードのパッケージには、「体重による食餌量」が記載されています。その体重とは、「適正体重」を指します。すでに痩せている「3kg」の犬に「体重3kg」の表示に従った食餌量を与えても、その犬にとっては不足しています。逆に、太り気味の「5kg」の犬に「体重5kg」の食餌量では与え過ぎです。

つまり、その犬の状態に合わして、食餌量を調整しないといけません。

犬の理想体形・体重

愛犬の体形が理想的かどうか飼い主の方が判断するには、下図のボディ・コンディション・スコア(BCS)を参考にしてください。

[table “6” not found /]

上図の5段階で示されたBCSのうち、理想的なのは真ん中の「3」です。肋骨の上にうっすらと脂肪がのっていて、ウエストのくびれがさりげなく分かる状態です。プードルなどの巻き毛の長毛種は一見して分かりにくいため、手で触って判断しましょう。

愛犬の状態によって変える

活動量によっても消費カロリーがかなり違ってきます。カロリー消費が少ない場合は、摂取カロリーを減らすように調整が必要です。

食餌量の表示はあくまで目安なので、愛犬の状態を見ながらそのときどきの適量を与えるようにしましょう。

痩せても太ってもない「BCS3」の理想的な体形をキープできるように、飼い主の方が食餌と運動量をコントロールすることが大切です。

市販ではなく獣医師がすすめるドッグフードを

人間食や市販のドッグフードだと、肥満になりやすく、また十分な栄養が取れない可能性があります。なので、獣医師がすすめるドッグフードに変えるのが良いでしょう。獣医師がすすめるドッグフードには、添加物などの余計なものが入っていない上に、栄養価が高いので、愛犬の健康体を維持できます。